Amazing Thailand

「ドリアンGI」“ทุเรียน GI”

独特の香りがするフルーツの王様「ドリアン」。しかし、この独特のにおいが苦手で食べた事が無い方もいらっしゃると思います。一度食べるとハマってしまう方もおりますので、食わず嫌いにならず、チャレンジされる事をおすすめ致します。

ドリアンにも様々な品種があり、それぞれに特徴がある様です。タイでよく知られている品種はモントン、ギボン、カンヤオなどとの事です。

又、ドリアンにもグレード表示(G1)があるとの事です。やはり何の果物でも産地の特徴がある様で、タイも産地別に表示し、さらにグレードも合わせて表示しているとの事です。

下記にタイ新聞を引用した各種の説明文を記載させて頂きます。

  • チャン島ドリアン

2017年9月18日、トラート県のチャ・ニー・コー・チャン・ドリアン(Cha Nee Koh Chang Durian)が地理的表示製品に登録されました。チャーン島は火山性土壌のエリアです。新鮮な空気 海水の影響 ドリアンの樹齢と相まって、幹が高くて大きいため、深い火山性土壌のミネラルを吸収できる深い根を持っています。製品をユニークにする 体に良い栄養素が含まれています。容姿 ドリアン・コ・チャン 果実はかなり楕円形で、長く、大きく、遠く、樹皮は薄く、肌の色は赤褐色です。肌の状態はかなり乾燥しています。そして、それらのほとんどは赤いトゲがあり、乾燥したトゲがあり、ローブの溝がはっきりと見えます。このドリアンの果肉は細かく、乾燥しており、粘りがあり、濃黄色から橙黄色で、肉厚で、種子の多くは小さいか枯れており、味は甘く、油っぽく、香ばしい。

  • Long Lae Lae Uttaradit ドリアン

山麓に在来種ウッタラディットドリアンの種をまく実験から生まれました。通常のドリアンよりも種が小さい小さなドリアンでした。でも味は甘くて美味しい 1977年にUttaradit Provincial Agricultureが主催したドリアンコンテストで1位を獲得するまで、「Long Lae Lae」と名付けられました。容姿 形状は球形または楕円形で、先端は凸状、基部は丸みを帯びています。果実の茎が大きい 比較的小さな効果 1 ~ 2 kg の範囲の重量、薄い殻、鋭い凹面のとげ。果実の先と棒の周りのとげが曲がっています。肉質に関しては、それは非常に肉厚で、暗黄色で、乾燥しており、細かい、粘着性があり、繊維がなく、甘くて油っぽい味があり、軽いにおいがあり、種子が小さく枯れており、種子が枯れているものもあります。甘さの値は、ブリックス 28 ~ 31 度の範囲です。

  • リン・ラップ・ラ・ウッタラディット・ドリアン

リン・ラップ・ラ・ウッタラディット・ドリアン 2012年6月13日にロングラプラドリアンと同じく地理的表示商品として登録されました。ウッタラディット県タープラ県ムアンウッタラディット県ラップレー郡一帯に植栽。リン・ラプラエ・ドリアンの由来 1950年にリン・パンラッド氏が植えたもので、ドリアンの種を持ち込んで新しい木を植えるまで他のドリアンよりも奇妙な結果をもたらしました。そして、1977年まで味が良く、ドリアンはコンテストに送られ、2つの品種のドリアンが劣らず人気があるスコア「Durian Long Lap Lae」に近い次点賞を受賞しました。身体的特徴について ドリアン リン ラップ レー ウッタラディットの、円筒形の果実、へこんだ先端、明確な葉の溝、比較的小さな果実。果実の重さは 1 ~ 3 kg で、樹皮は薄く、とげは湾曲しており、鋭いです。非常にきめが細かく、べたつきがあり、乾燥しており、葉が少なく、濡れずに長期間保存できます。甘い味、軽いにおい、小さく枯れた種子、30~35度のブリックスの甘味値。

  • シーサケート火山ドリアン

シーサケート火山ドリアン 2016年11月4日に地理的表示製品として登録されました。火山性土壌では珍しいドリアンです。シーサケート県クンハン地区、カンタララック地区、シーラタナ地区で栽培されているのは、古い火山地帯です。そのため、古代の火山によって形成された土壌は、玄武岩から崩壊しました。さまざまな栄養素を豊富に含んだ赤土です。土壌構造は水はけがよく、水はけがよく、植物に適した量の水を吸収します。したがって、ドリアンは根病や根腐れを起こしていません。ドリアンの肉は成熟していません。吐き気の症状はありません ドリアンの栽培に適しています。シーサケート火山のドリアンは、非常に頻繁にとげのある薄い皮です。食感は厚く、きめが細かく、柔らかく、パサパサ、粘りがあり、外はカリッ、中はやわらかく、果肉は果肉全体が均一に黄色です。味は甘く、滑らかで、香ばしく、辛くなく、小さな枯れた種子です。

  • ラノンのドリアン

ラノンのドリアン それはモン トン ドリアン、楕円形、明確なローブの溝、薄い皮、鋭い緑のとげがあります。厚く、きめが細かく、黄金色で、枯れた種子で、北ウォン地区に植えられています。およびラノン県ラウン県ナイウォン郡。外見、楕円形の果実、重さ 3 ~ 7 kg、薄皮、褐色から暗褐色 緑の長く鋭いトゲ 黄金色の果肉、厚く、滑らかで、きめが細かく、甘味があり、油っぽく、パリッとしていて、刺激的な匂いがしない。ラノンのドリアンは湿度の高い地域で栽培されています。ほぼ一年中雨が降ります。したがって、ドリアンは大量の水を受け取ります。成長に十分 収穫時期は毎年7月~8月ですが、その年の気候によって多少異なります。

  • サリカ ドリアン パンガー

外見、球形の果実、完全に成長した果実は 1.5 ~ 2 kg、樹皮は薄く、棘は短く、頻繁に生えます。生果実は濃緑色。古いものは薄茶色です。ドリアンの果肉は厚く、細かく粉砕され、濃い黄色で、香りがよいが、刺激が強すぎず、非常に甘く、しわのある種またはほぼすべての果実があります。6月~7月に生産予定。

  • ノンドリアン

非ドリアンは、Kan Yao durian、Mon Thong、Chanee、Krabosthong などの種によってさらに細分されます。と在来種 味がよく、甘い、油っぽく、きめが細かく、黄色で、6つの地区、すなわちムアン地区、バンクルアイ地区、パーククレット地区、バンヤイ地区、バンブアトン地区に植えられています とサイノイ地区 ノンタブリー県。ノンタブリー県のため 南北に流れるチャオプラヤー川があります。その地域の土壌条件をミネラルが一緒に流れるようにする。したがって、果樹園に適しています 。特にこの地域で栽培されているドリアンは、品質が良く、甘くて美味しいです。タイ中部のドリアン栽培地 アユタヤ時代から存在し、1787年、サイ・チムクライは徴兵されて軍隊に配属されました。森から集めたドリアンの種を友達に配るために持ってきた 種の一部は、1854年からノンタブリー県バーンクルアイ郡ワットサック近くの庭に植えられていたが、ドリアンの栽培面積はノンタブリー県の全県に拡大された。

  • パラウドリアン

パラウドリアン モントンドリアンの品種に分けられる とギボンズ 食感が厚く、色は薄黄色、乾燥した食感、滑らかな食感、軽い香り、甘い味、小粒のしおれが特徴で、5月~8月に生産されます。La-Uの森エリアに植栽 プラチュワップキーリーカーン県ホアヒン郡ホワイサットヤイ郡にある。パラウドリアン 輸入業者はパユン・プライヤイ氏で、ノンタブリーやラヨーンなど各地の品種で100本の植栽を開始しており、生産性は良好です。独特のにおいがします。古くから親しまれているノンタブリーやラヨーンから持ち込まれた種とは異なります。

  • プラチン・ドリアン

プラチン・ドリアン 種に分けられる Kanyao ドリアン、Monthong 品種、Chanee 品種、Kratomthong 品種 そして、他の在来種は乾燥していて、厚く、繊維質が少なく、甘く、その地域で栽培されています。プラチンブリ県ムアンプラーチーンブリー県、カビンブリ県、プラチャンタカム県、シマハーポー県、ナディ県。プラチン ドリアンは、100 年以上前に農民がノンタブリー県から多くの品種を持ち込んで植え付け、繁殖させたことに端を発しています。流行るまで さまざまなフェスティバルのコンテストにドリアンを提出して賞を受賞しました。

コメントを残す