Amazing Thailand

タイの牛にLampi Skin感染拡大

ランピースキン病(LSD)は、牛または水牛がポックスウイルスのランピースキン病ウイルス(LSDV)に感染することによって引き起こされるとの事です。このウイルスは、カプリポックスウイルス属の3つの密接に関連する種の1つであり、他の2つの種は羊痘ウイルスとヤギ痘ウイルスとの事です。

この感染症は牛に重篤な影響を与える為、最悪死亡してしまうとの事です。

発生状況動物疾病管理予防局によると、現在タイでは、47州で51,222頭の牛と水牛が感染しており、886頭が死亡しているとの事です。全国で600万頭いる為、現在の死亡率は1%未満との事です。

現在、タイ政府はワクチン接種を進めているとの事ですが、この病気に対しても不明点が多い為、解決までに時間を要する様です。

コメントを残す