Amazing Thailand

ไทดอล มิวสิค(Thaidol music)GMMで立ち上げ

2021年4月29日の報道で、現在タイカントリーミュージックが再び活気が出てきている中で、タイ有名企業のGMMエンターテイメントから、「ไทดอล มิวสิค(タイドルミュージック)」という新たなレコードレーベルを立ち上げると発表されました。

GMM grammy offcial Youtube

この新しいレコードレーベルでは、กฤษฎากร อ่อนตาแสง(Achan Krisadakorn Ontasaeng),จินนี่ ภูไท(Ginny Phutai),อ.เหน่ง จิระวัฒน์ ปานพุ่ม(A. Ngeng Jirawat Panphum)のタイカントリーミュージックを牽引している3名が監修を行う事で話題となっている様です。

タイカントリーミュージックと言えば、ルゥクトゥン (ลูกทุ่ง)と言うジャンルが有名です。

Youtubeで人気のルゥクトゥン (ลูกทุ่ง)のリンクを参考までに下記へ貼りますので、ご興味ありましたら、覗いて見てください。

https://youtu.be/mVNsbfRWmV8

https://youtu.be/9SfVVzN3oCU

https://youtu.be/ZH8RcS4u_vk

https://youtu.be/EHsQyzA23aw

https://youtu.be/d2AVK9bucIs

https://youtu.be/-dpnl6zaHuM

https://youtu.be/pfzee4njrhk

https://youtu.be/5DiD7Op0VTo

語源を調べてみると、1931年の頃にイタリアから西洋楽器と奏法,音楽理論を取り入れた歌謡曲をルゥククルン(ลูกกรุง)と呼んでいた様です。※ลูก=子供,กรุง=都

これに遅れて現れたルゥクトゥン (ลูกทุ่ง)は、ルゥククルン(ลูกกรุง)と対照的に「泥臭い」旋律や「こぶしを利かせた情緒的な」歌唱がタイ庶民の心を掴み、いつしか都会の子を皮肉った田舎の子(野原の子 ลูก=子供,ทุ่ง=野原)と呼ばれる様になりタイに定着していったようです。

不要不急の用事以外で外出が難しくなっておりますので、お気に入りの音楽を聴きながら過ごしてみるのも良いかもしれません。

コメントを残す