Amazing Thailand

タイ国有鉄道SRTの一部再開

2021年3月1日より制限されていた国鉄14路線の運行が再開された様です。

列車番号275 バンコク→アランヤプラテート
列車番号276 アランヤプラテート→バンコク
列車番号283 バンコク→パタヤ→プルータールアン
列車番号284 プルータールアン→パタヤ→バンコク 
列車番号209 バンコク→バーンタークリー
列車番号210 バーンタークリー→バンコク
列車番号317 バンコク→ロッブリー
列車番号318 ロッブリー→バンコク
列車番号303 アユタヤ→ロッブリー
列車番号304 ロッブリー→アユタヤ
列車番号259 トンブリー→ナムトック
列車番号260 ナムトック→トンブリー
列車番号251 トンブリー→プラチュアップキーリカン
列車番号252 プラチュアップキーリカン→トンブリー

タイ国有鉄道(SRT: State Railway of Thailand)は、写真の通り東西南北に広く路線が伸びており、国民の足として重宝されております。

料金も日本と同様に細かく設定されており、参考までに一部をご紹介致します。

・特急(CNR車) – 250バーツ固定
・特急(CNR以外の客車) – 190バーツ固定
・特急(気動車) – 170バーツ固定
・急行 – 150バーツ固定
・快速 – 乗車距離に応じて変動する。
 1-50km – 20バーツ
 51-150km – 30バーツ
 151-300km – 50バーツ
 300km以上 – 110バーツ

これらに寝台車であれば、寝台料金が含まれ、空調車であれば、それも含まれます。

下記の人達には割引があるようです。
・身長150cm以下の子供。
・僧侶、修行僧および宗教家。
・退役軍人、褒章授与者。

残念ながら、社内飲酒厳禁ですので、ご乗車の際にはお気をつけください。また、駅員はタイ国鉄警察で組織されておりますので、紳士な対応をおすすめ致します。

おすすめは、フワランポーン(クルンテープ)駅です。

主要幹線4路線の起点駅として位置づけられておりますので、タイの国鉄に興味が御座いましたら、一見の価値有りと思います。

コメントを残す