Amazing Thailand

タイ ドリアンの貯蔵寿命を伸ばす取り組み

タイは長年ドリアンの世界一の輸出国であり、2019年だけでも最大680,872.5トンのドリアン果実と加工品を輸出し、総額は51,035.7百万バーツを売上げているとの事です。

しかし、ドリアンの輸出には短い貯蔵寿命が問題となっているとの事です。ドリアンは、硬い皮から取り出すと極端に貯蔵寿命が減るとの事です。およそ3日以内に劣化してしまうとの事です。

この短寿命を少しでも長くする為、ピッサヌローク県のナレスアン大Peerasak Chaiprasart博士は研究を行っているとの事です。

現在は、エチレンガス吸収剤で梱包する事で、7〜10日の長寿命化に成功したとの事です。

タイからの主なドリアン輸出国は、米国、日本、韓国となっている様で、今後も輸出量を増やす努力を行って行く様です。

コメントを残す