Amazing Thailand

タイ covid-19感染状況

2021年7月11日12時30分現在、9,539人の新規感染患者が見つかっているとの事です。2021年4月1日から7月11日午後12時30分までの累計情報は下記となります。

  • 307,508件の累積確認症例-2,617件の累積死亡-0.85%の死亡率
  • -1日あたり9,635件の新規症例(5月17日現在)

この第3波は、通過した第1波(1月1日から12月14日)および第2波(12月15日から3月31日)と比較して、60歳以上の患者は、死亡率は6.5%増加したとの事です。

Covid-19に感染している2,238のランダムなサンプルから現在(4月1日から7月2日)までに発生したタイ全土でのCOVID-19感染の第3波の感染傾向は、アルファ株が65%を占め、続いてデルタ株(デルタ:インド)が32%、ベータ株(ベータ:アフリカ)が3%との事です。

しかし、直近のバンコクで発生が確認されたデータ936例を確認すると、52%が「デルタ」種であったとの事です。

この結果から、タイ医学部は、デルタ種は毎週増加する傾向があり、アルファ種は反対に減少する傾向があると予測したとの事です。

アルファ株は重症化するまで7〜10日潜伏しますが、デルタ株は3〜5日で重症化するとされており、感染力が高いとされている様です。

コメントを残す