Amazing Thailand

プーケット予定通り7月1日から外国人観光客を受け入れる予定

2021年6月5日の報道にて、タイ観光局(TAT)が提案した「2021年7月1日よりプーケットへ外国人観光客を受け入れる」という計画をB.E.A.が承認したと報道されました。

この計画は、ワクチン接種済みの外国人観光客に対して検疫無しで受け入れるとしており、6つのガイドラインが含まれているとの事です。

  1. ワクチンの種類ごとの基準に従って、全量のワクチンを接種した旅行者のみが利用できます。14日以上1年以下の注射期間で、低リスク〜中リスク国のみを受け入れる。
  2. 予防接種を受けた両親と共に渡航した6 歳未満の子供も入国を許可する。6 ~ 18 歳の子供は、プーケット空港到着時に検査を受ける必要がある。
  3. 出発国の予防接種証明書を持っている事。ワクチンはタイで認められている、または世界保健機関 (WHO) によって認定されているものに限る。
  4. タイの通知アプリケーションをインストールする事。
  5. SHA+ 基準または観光客衛生基準を満たすホテルに 14 泊滞在し、指定された期間滞在した後、タイの他の県へ旅行可能。
  6. COVID-19 の報告と検査を受ける必要がある。タイ公衆衛生省の疾病対策措置に準じた社会的距離、マスクの着用、手洗い、体温のチェック、COVID-19の検査など、DMHTTA標準の予防措置の下で旅行活動を行なって頂く。さらにアプリThai ChanaとMor Chanaをインストールする事。

プーケットは、この計画を推進する為に下記の準備を進めているとの事です。

  1. 景観を改善する
  2. 村民が利益を得るための観光コミュニティの開発
  3. 観光人材の育成
  4. 観光地周辺のセキュリティ

さらにBMECは、タイへの4つの潜在力の高い外国人を誘致することを計画していると事です。

  • 高い購買力を持つ投資家
  • 海外からの定年退職者(年金生活者)
  • タイで働きたい団体
  • 特殊技能集団 (高度専門職)

タイ経済は観光業が多くを占めている為、これから強力に推進していく様に思えます。

コメントを残す