Amazing Thailand

電子マネー in Thailand

電子マネー(e-money)は、デジタル時代の消費者金融行動とパンデミックの中で大きく成長しているようです。

タイ銀行によると、過去5年間で使用が増加し続けているとの事です。

  • 2016年 909億バーツ
  • 2017年 1,260億バーツ
  • 2018年 2,030億バーツ
  • 2019年 2,760億バーツ
  • 2020年 3,100億バーツ

現在、タイにある中央銀行から認可を受けた電子マネーサービスは30社あり、そのうち23社が銀行以外の企業との事です。

タイ銀行協会参加のクレジットカードクラブ会長は、パンデミックの最中に電子決済が急増し、タイ消費者が電子決済ツールに精通したと語られた様です。

一部の調査結果では、タイ人の5人中4人はキャッシュレス化を試みており、平均して1週間以上現金を使わずに生活する事に成功しているとしています。タイの田舎を含めて考えると少し疑問がありますが。。。

最も多く使用されているのが、モバイル非接触型決済26%で、次いで非接触型カード23%、QRコード21%となっており、感染拡大防止と銀行の待ち行列を無くす事に繋がっている様です。

タイも各国同様にキャッシュレス社会になりつつありそうです。いずれ中国の様になって行くのかもしれません。

参考までに、私が使用しているのは、銀行モバイルアプリ,Rabbit Line pay,TrueMoney,になります。どれも外国人が使用できる様になっており、非常に便利です。バンコク都にいる分には、スマートフォンだけで買い物に行けるかもしれません。

コメントを残す